読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Take it easy*

ひきこもり女が好きなことを好き勝手に綴ってます

起死回生の合図を僕にくれ

まずは今いちばん熱中しているバンドについて書いてみようと思います。
 
ということで、cinema staffについて。
 
cinema staffと出会ったのは2010〜2011年頃。
9mmにどっぷりハマっていた私は、同じ残響レコードのバンドにも興味を持ち始めます。
te'、People In The Box、そしてcinema staff
 
最初シネマの楽曲を聴いた印象は『9mmの弟分?』
当時は本当にライブパフォーマンスが激しく、メンバーも暴れ回ったりシャウトしたりしていたし、どことなく重なる部分があったのかもしれません。
 
 
楽曲も気に入っていたのでライブもぼちぼち見たいとは思っていました。
しかしシネマがメジャーに移籍して以降、ミドルテンポの曲が続くようになり、
私はというと、続々と頭角を現すハイテンションな若手バンド達のケツを追いかけ始め…………(言い方がお下劣)
結局ライブに行くことはなく、少しずつフェードアウトしていきました。
 
そんな私がもう一度シネマを聴こうと思ったのは、2年ほど前のこと。
 
仲良くさせていただいているTwitterのフォロワーさんが、ある対バンでシネマのライブを見たそうで、「シネマってめっちゃイイヨネ」という話題が出たところから始まります。
 
私「シネマ最近全然追えてないんですよね〜 。今どんな感じですか?」
フォロワーさん「こないだアルバム買ったから聴く?貸してあげるよ!!」
 
と、お借りしたアルバムは Drums,Bass,2(to)Guitar。
ひとまずリード曲である theme of us のMVを見ました。
 
えっ?シネマってこんなに元気いいバンドだったっけ?
 
ていうかコスプレ可愛くないか???
f:id:hiyo-kirin31:20160430225248p:image
 
女装、可愛くないか?????
f:id:hiyo-kirin31:20160430223144j:image
 
こんなバンドだったっけ??? シネマ????
f:id:hiyo-kirin31:20160430223228p:image
 

いろんな意味でイメージが覆った瞬間でした。笑

 

ほかの楽曲もキャッチーで耳馴染みが良い癖に、個々の楽器が良い感じに際立っててテクニカルで、聴く度に発見があって飽きが来ず。

そしてライブの情景が目に浮かぶような、ノリノリな楽曲も多くて身体がうずうず………。うおおライブ行きたい……………。
結局このアルバム、次作が出るまでの1年間、ずっとお気に入りで聴き続けていました。
丁度レコ発ツアーをやっていたこともあり、即チケットをGET。
 
ライブに行ったら昔の印象そのまま、無邪気に自由に荒ぶるシネマの姿があって、またもグワッと心掴まれてしまいました。あまりの自由さにニヤニヤが止まらなくなったのを覚えています。笑
 
そしてそして、何が一番格好いいって、
 ベースの三島さんのMC。
真摯で謙虚でストイックで、いちいち格好いいんです。
 
三島さんのインタビューやTwitter、ブログでもそんな人柄がよく表れていて、
自分の理想や夢を、ただただ真っ直ぐに追い求める人生って素晴らしいな…………と思わせてくれます。 今となっては、心から尊敬するミュージシャンの1人です。
 
シネマといえば 岐阜県出身 というイメージがいちばん強いかもしれませんね。
名古屋でのライブMCは地元ネタに溢れていたり、方言出まくりだったり、私自身も岐阜県鏡に住む愛知県民のため、毎度笑わせてもらってます。
他地方の人には何ひとつ面白くないよな…………と思いつつ🤔笑
 
毎年秋に開催されるシネマの自主企画 OOPARTSも、もちろん地元岐阜。
毎年招待されるバンドが人気どころばかりで、ぼけっとしてるとすぐに完売。実は未だに行けていません😭 今年こそは行きたい………!
 
インディーズの頃のシネマは、歌詞よりも変則的なコード進行やテクニカルなアレンジで聴かせるバンド、というイメージがありました。
それがここ数年(DB2Gあたりから)、キャッチーで分かりやすい歌詞の曲が増えて、とても聴きやすくなったと感じます。
 
三島さんがほとんどの作詞を手がけているのですが、本当に勇気をもらえるというか、自分が一番求めている言葉が歌詞になっていたりするので、よりグッときてしまうのです。
 
昨年リリースした『blueprint』に収録されている『drama』という曲が本当に大好きで。
要領が悪く何度もつまづきながら人生を送ってきた私ですが、
 
起死回生の合図を僕にくれ!
 
の1節を聴くと、もう1度だけ足掻いてみようかな。頑張ってみようかな。という気持ちになるのです。
 
先日リリースされたアルバム『eve』も名曲揃いで。
 cinema staff結成10周年のアルバムでもあるので、シネマが辿ってきたバンド人生が垣間見えるような、そんなエモい歌詞がまたグッと来たりします。
曲順のバランスも抜群なので、色んな世代の人におすすめしたいアルバム!! です!!笑
 
そんなわけで、地元愛あふれるエモすぎるcinema staffを、これからも応援し続けていきたいと思います。
 
長々と失礼しました🙇🏻